Q0:循環システム工学科てなに?
A0:循環システム工学科は、循環型社会の構築を目指して、従来の学問の枠組みを越えた異分野融合の教育・研究を目標にして設置された学科です。本学科では、人間の行為によって生じるさまざまな課題に、的確に対処しうるだけの論理的思考力とそれを支える十分な素養を身につけるため、「物質の循環」、「経済の循環」、「情報の循環」という3つの循環をキーワードとした教育研究が実施されています。


  Q1:どんな教育が行われているのですか?
A1:本学科の特徴はカリキュラムに反映されています。数学・物理学・化学・生物学など自然科学の基礎分野とともに、社会科学の分野からも経済学・社会学・政治学など学ぶことができます。専門科目としては、物質循環・社会システム・数理情報の各分野の科目が開講され、実践的な社会調査や情報処理を体験できる実習科目が用意されています。さらに、社会で活躍している有識者からも講義を受けることができます。


  Q2:この学科が行う研究とはどんなことですか?
A2:本学科では,次のような3つの講座に分かれて,研究を行っています[講座とカリキュラムの対応].


  Q3:卒業したらどんな職業に就くことができますか?

A3:これらの特色ある教育によって,輩出される人材は,まさに循環型社会という21世紀に必要な考え方を身につけ,社会生活環境の新たな形態や生産システム・物流システムなどの具体的な問題を分析,設計,評価する能力を備えた技術者です.また,ネットワークを活用した情報表現技術を使いこなす能力によって,今後の社会の情報化に即座に対応することができます.したがって,卒業後はあらゆる職業での活躍が期待されます.公共機関などにおいては,具体的な環境問題に対応できる企画,立案,実行者として,また,民間企業などでは,社会,経営,生産システムなどを資源や物質の循環を考慮に入れてデザインし,実現できる技術者として,その力が大いに発揮できるでしょう.[主な就職先一覧]



  Q4:大学院への進学はどうなっていますか?

A4:循環システム工学科で学んだことをさらに深めたい人には、大学院への進学を推奨します。修士課程は、持続社会形成専攻になります。次に、博士課程は、環境社会創成工学専攻の環境社会創成工学専攻になります。どちらも循環システム工学科のスタッフを中心に構成されています。




その他のご意見・連絡先
〒400-8511 山梨県 甲府市 武田4-3-11 
Tel: 055-220-8666(学科事務室)
Mail: info@js.yamanashi.ac.jp