はHTMLファイルへのリンク, はJPGEファイルへのリンク,はPDFファイルへのリンク
 山梨大学公開講座(共催:県民コミュニティーカレッジ事業運営協議会・山梨県)
平成21年度「CO2Freeやまなし実現のシナリオ」 :パンフレット
平成20年度「新エネルギーは救世主となりえるか? :内容
平成19年度「持続社会に向けたトレンドを探る     
平成18年度「持続可能な都市を構想するために」 :パンフレット
平成17年度「持続可能な社会へ向けた地域連携研究」 :パンフレット
平成16年度「持続可能性とモデリング」 :パンフレット
平成15年度「持続可能社会への礎」 :パンフレット
平成14年度「環境と持続可能性」-環境保全と持続可能な発展のできる社会をめざして- :パンフレット
平成13年度「循環型社会の条件」-循環型社会構築へむけての具体的課題と方策- :パンフレット
平成12年度「循環型社会の条件」-情報をいかに活用するか :パンフレット
平成11年度「循環型社会の条件」 :パンフレット
 
パネルディスカッション
2008.12.17(月) 16:30-19:00(山梨大学 東キャンパス) T1-12教室「持続可能な社会を目指してー環境負荷低減型農業への日本の国際貢献 :開催報告
2006.12.4(月) 16:30-19:00(山梨大学工学部) T0-1教室「自然主義と人間中心主義をめぐって」」) :開催報告
2005.10.24(月)16:30-19:00(山梨大学工学部) T0-1教室「持続可能な循環型社会を目指して」 :開催報告
2003.12.7(日)13:30-16:30 (山梨県立文学館講堂)「大学、行政、産業界とNPOのスクラムは組めるか」
2002.11.30(土)14:00-16:30 (山梨県立文学館講堂) 「自然と共に生きる」 :パンフレット
:開催報告
2001.10.6(土)14:00-16:30 (山梨県立文学館講堂) 「ゼロエミッション社会の夜明け」 :パンフレット
2000.11.25(土)14:00-16:30 (甲府市社会教育センター大ホール) 「21世紀循環型社会をめざして」‐分別回収とリサイクルの今‐ :パンフレット
1999.12.8(水)14:00-16:30 (甲府市総合市民会館芸術ホール)   「21世紀循環型社会をめざして」‐ゼロエミッションへの道- :パンフレット
1998.11.27(金)14:00-16:00 (甲府市総合市民会館芸術ホール)  「循環型社会をめざして」-山梨から世界へ- パンフレット
イントロダクション
パネルディスカッション
会場からの質疑応答
 
 学術研究会
200912.9(水)
山梨大学・山梨環境研究所合同セミナー
  1. 十二村佳樹(山梨環境研)「甲府盆地における都市熱環境の実態と地域的熱中症警報システムの 構築に関する基礎的研究」  
  2. 吾郷健一(山梨環境研)「植物油を用いた廃棄プラスチックスの熱分解とリサイクル」
  3. 御園生拓(山梨大)「仮想資源分析法の提案」

2009.7.22(水) (:資料)
山梨大学・山梨環境研究所合同セミナー
  1. 竹内 智(山梨大)「地球温暖化のホントとウソ」  
  2. 瀬子義幸(山梨環境研)「富士北麓高バナジウム地域の住民健診データ解析」
  3. 下川敏雄(山梨大)「統計科学再考:誤用と留意点」
  4. 森 智和(山梨環境研)「生分解性プラスチック生産による生ごみ処理システムのLCA」 
  5. 西山志保(山梨大)「経済危機におけるアメリカン・コミュニティの行方:草の根NPOの挑戦」 
2008.6.5(土) (:資料)
山梨大学・山梨環境研究所合同セミナー
  1. 伊藤一帆(山梨大)「交通手段選択の数理モデル」  
  2. 島崎洋一(山梨大)「未利用農産物からのバイオ燃料製造に関する可能性評価
  3. 竹内 智(山梨大)「環境のモデリング」
  4. 宇野 忠(山梨環境研)「ストレスを伴う環境温度の腸内細菌由来エンドトキシンを介した生体影響」 
  5. 北原正彦(山梨環境研)「富士山周辺における絶滅危惧チョウ類の分布・生態特性について」 
  6. 杉田幹夫(山梨環境研)「富士北麓の森林の二酸化炭素収支推定」
2006.12.13(水) (:資料)
山梨大学・山梨環境研究所合同セミナー
  1. 西山志保(山梨大)「パートナーシップに基づく地域再生」  
  2. 御園生拓(山梨大)「科学という行為」 
  3. 石田光男(山梨環境研)「精神的ストレス事態における心臓血管系反応パターンと皮質活動の個体差」
  4. 長谷川達也(山梨環境研)「環境および生体サンプル中金属元素の化学形態別分析」 
  5. 中野隆志(山梨環境研)「ペルー・アンデスの巨大植物プヤ・ライモンディの調査について」 
2006.9.1(金) (:資料)
山梨大学・山梨環境研究所合同セミナー
  1. 下川敏雄(山梨大)「統計的データ解析における樹木構造接近法とその応用」
  2. 島崎洋一(山梨大)「山梨県におけるエネルギー環境教育の展望」
  3. 北村眞一(山梨大)「景観の癒し効果測定の試み」
  4. 中野隆志(山梨環境研)「生態学における記憶と記録」
  5. 瀬子義幸(山梨環境研)「山梨県の地域別死亡統計から何が見えるか?」
2005.5.31(火)
高橋 智子「19世紀産業革命と環境問題」
2005.5.26(木)
市川 成人「甲府盆地における交通の現状」
2005.4.21(木)
北村 眞一「環境負荷と都市の交通の課題」
2004.12.15(水)
高橋 潤一「エネルギー・窒素循環と持続的畜産業」
平成12年度「循環型社会の条件」-情報をいかに活用するか
2004.11.19(金)
山梨大学・山梨環境研究所合同セミナー
  1. 佐野 慶一郎(山梨環境研)「廃プラ分解物からの燃料製造」
  2. 佐野 慶一郎・金子 栄廣(山梨環境研)「ぶどうポリフェノールを用いた消臭技術」
  3. 池口 仁(山梨環境研)「現実の環境問題に対応するための生態学的な教養・常識」
  4. 永井 正則・大野 洋美・齋藤 順子(山梨環境研)「人の行動パターンとストレス反応」
  5. 永井 正則・大野 洋美・齋藤 順子(山梨環境研)「気圧と酸化ストレス」
  6. 依田 英介「赤外分光法による固体酸触媒表面の評価と反応の観測」
  7. 小宮山 政春・御園生 拓・竹内 智(山梨大)「畜産廃棄物からの水素製造ーバイオガスの水蒸気改質」
  8. 御園生 拓(山梨大)「シアノバクテリアによる水素生産システムの構築」
2003.6.23(月)
三橋 弘宗「生態系の保全計画におけるランドスケープアプローチ」
2003.1.30(木)
加藤 順子「リスク社会を生きる−リスクの評価とコミュニケーション−」
2002.10.20(水)
小林 拓「南極での大気および海洋観測」
2002.6.19(水)
瀬子 義幸「山梨県の水質の地域特性とその健康影響に関する研究」
本郷 哲郎「地域生態系における地域環境資源(自然・文化資源)の持続的な活用に関する 研究」
杉田 幹夫「山梨県環境科学研究所のリモートセンシング研究」
2002.3.15(金)
吉川 邦夫「新しいガス化溶融方式」
2002.2.27(水)
鷲田 豊明「環境経済評価と環境自由主義」
2001.12.21(金)
島崎 洋一・大西 直毅・小宮山 政晴「エネルギー問題」
2001.11.7(水)
鈴木 嘉彦「持続可能な社会を構築するための総合評価」
2001.10.17(水)
御園生 拓「微細藻類を用いたCO2固定の現状と展望」
2001.5.29(火)
宮本 憲一「環境再生-環境政策と地域開発の歴史的転換-」
2001.3.14(水)
中筋 直哉「循環型社会構想と理論社会学:課題と反省」:資料
2001.3.9(金)
Alex J.Ruiz-Torres (University of Texas at EL Paso)"Real time Planning on Cellular Manufacturing Systems"
2001.2.19(月)
小宮山 政晴「悪魔が創った固体表面‐固体表面の原子と分子‐」(
:資料
2000.12.13(水)
島崎 洋一「山梨県におけるエネルギー革命の足跡」(:資料
2000.11.8(水)
門野 圭司「自治体環境政策の現状と課題-北九州市の取り組みを素材として-」
2000.5.18(水)
鈴木 嘉彦「新しい豊かさの基準と産業連関分析」
1999.11.26(水)
大西 直毅「強磁性クラスターの磁化」(
:資料
1999.9.1(水)
北村 真一「河川における景観デザインからトータルデザインへ」
1999.6.9(水)
御園生 拓「私たちはサルだ」
1998.12.22(火)
竹内 智「南極・魅惑のオーロラ」
1998.10.28(水)
豊木 博泰「秩序相形成の動力学」
1998.9.2(水)
片谷 教孝「酸性雨とダイオキシン-大気拡散モデル-」
1998.7.15(水)
風間 ふたば「下水の消毒とその環境影響」
1998.6.18(木)
伊藤 一帆「無限次元化システムの制御について」
1998.5.21(木)
中筋 直哉「群衆の社会理論-社会形態学および社会学から-」
その他
2005.12.3(土)
山梨県環境科学研究所「第7回富士山セミナー」
1998.10.1(金)
研究討論会「各自の研究提案」
1999.7.16(金)18(日)
河口湖合宿「学科の将来計画の討論」
1999.3.10(水)
オープンセミナー「循環型社会の創出にむけて」